検索
  • NTAオーストラリア

シドニーは今ホエールウォッチングシーズン!

最終更新: 7月8日

*当ウェブサイトでは、今からご紹介するホエールウォッチングクルーズのチケットを、お得な価格でご提供しております。

海面から大きくジャンプする、「ブリーチング」を行うザトウクジラ

photo credit: www.whalewatchingsydney.com.au/



シドニーの皆さん!

シドニーの海は、今ホエールウォッチング・シーズンです🐋


そこで、今回はホエールウォッチングの主役であるザトウクジラの魅力、そして、そんな迫力満点のザトウクジラを間近で見れるシドニーおすすめのホエールウォッチングクルーズを紹介しちゃいます!



主役はザトウクジラ!

全長12-16メートル、体重約30tほどの大型のクジラ、ザトウクジラがホエールウォッチングのスターです★

英語では背中の瘤からhumpback whale(せむしの鯨)と呼ばれているザトウクジラは、好奇心が高いため船で近づきやすく、個体の見分けがつきやすく、また水面に向かって跳躍するブリーチングなどの様々の行動を披露してくれるため、ホエールウォッチングに最適のクジラなんです。

中でも、自ら船に近づき、ボートのすぐ隣や真下に何分もじっとしてくれる個体もいたりしますよー



ザトウクジラの頭部

photo credit: www.whalewatchingsydney.com.au/



ザトウクジラの豆知識

基本的に穏やかな性格のザトウクジラは、イルカなどの他の種の群れと混ざったり、遊んだりする姿が目撃されており、人間や他の小さい動物をサメから守った報告などもあります。ボートに突進してくることはないので、心配無用です💦


しかし、彼らは好奇心も高くとてもアクティブで、ボートのすぐ近くで迫力満点のジャンプや尾びれのたたきつけなどをたくさん披露してもらえます。

この水面から大きくジャンプするブリーチングと言う行動は、主にオスが自分をアピールする時に行う行動ですが、寄生虫を落とすため・コミュニケーションのためという説もあります。


皆さんはザトウクジラが「歌」を歌う事でも有名なのは知ってましたか?船の上からだと残念ながら聞くことはできませんが、このクジラの歌はオスのみが歌い、1曲20分から30分ほどで、時には20時間以上も繰り返し歌い続けることもあるようです。また、歌は地域によって特徴が異なり、他の地域のザトウクジラには歌は通じませんが、隣の地域同士少し歌の特徴が似てきたりと、とても興味深いですよー


ザトウクジラは全長12-16メートルと、とても大きな生物ですが、なんと主にオキアミや小魚といった、その巨体に似合わない小さな生き物を主食としています。そのため、獲物を一か所に集め、大口で一気に水ごと大量に口に含んで食べるのですが、時にバブルフィーディングと言うテクニックを用いる事もあります。集団で潜り、噴気孔から息を吹き出し気泡を発生させ、獲物の群れを取り囲みます。そして海面近くに密集した獲物を大きな口で一気に飲み込んでしまうのです。立派なチームワークですね!


また、夏の間、南極海で捕食をし脂肪を溜め、北の繁殖地い移動するとほとんど捕食は行わないようです。


ボートの近くまで寄ってくる個体もいます。

photo credit: photo credit: www.whalewatchingsydney.com.au/


ザトウクジラの大移動

毎年、5月から11月までの間、40,000頭以上のザトウクジラがオーストラリアの海岸線を移動します。

これは、夏に南極海で主に捕食をした後、冬に北の温かい海域に移動し出産、繁殖や子育てを行うためです。

そして、春になるとまた子供を連れて北へ戻ってきます。その距離はなんと往復10,000kmにもなるのです!

ですので、月のよって見られるクジラの数や、行動が違ってきます。

何月にホエールウォッチングに行けばいいか、以下のガイドをチェックしてください!


5月‐8月

ホエールウォッチングシーズンのスタートです!5月中旬からザトウクジラたちが南の海から北へと移動していきます。

クジラの数は6月末~7月がピークで、この期間は毎日何百頭ものクジラたちが移動してるのを見ることができます。

また、縄張り争いやメスへのアピールのため、水面から大きくジャンプするオスたちのブリーチングをたくさん見れる期間でもありますよ!


8月‐9月

8月中旬には北への大移動が終わりを迎え、南へと戻ってくる最初のクジラたちを見ることができます。

北に向かうクジラと南に戻ってくるクジラたちが混ざり、お互いにコミュニケーションを取り合う貴重な姿が見れるかもしれません!

8月末から9月末までに掛けては、ボートの近辺を何時間もグルグル回る、好奇心旺盛な個体に出くわすチャンスか高いみたいなので、クジラを間近で見たいなら絶好のチャンスかもしれませんね!


10月‐11月

シーズン終盤には、南の海へと帰ってくる、子連れの母クジラを見られます。子供を見守りながら泳ぐので、他のクジラたちより遅いです。

母クジラが子供にブリーチングなどの行動を教えてる姿が見られるかもしれません!新しく覚えた行動を何時間も行い続ける子クジラの姿はとても微笑ましいです♡



他の生き物にも出くわすかも!?

ホエールウォッチング中、ザトウクジラ以外の生き物にも出会えるかもしれません。辺りをよーく見渡してみましょう!


イルカ

運が良ければ、バンドウイルカやマイルカの群れが見られるかもしれません。クルーズ中イルカを見られる確率は50%ほどです。


オットセイ

ボートが海岸近くを通っているときは、海岸に注目です!オットセイの群れがひなたぼっこしてるかもしれません。


ミナミセミクジラ

最大体長18m以上の大型のクジラです。シーズン中4-5回ほどしか姿を現さないレアな生き物です。


ごくまれに、シャチやシロナガスクジラを目撃することがあります。もし見れたら超ラッキーですよ!!



おすすめのホエールウォッチングクルーズ

ホエールウォッチング・シドニー(Whale Watching Sydney)のボートは、短時間でクジラスポットまで移動するので、長い時間クジラを見ていられます!今回はホエールウォッチング・シドニーの短めの2時間クルーズ2種類と、そしてのんびりできる3時間クルーズをご紹介します!


Whale Watching -3hr Discovery Cruise

ホエールウォッチングのために作られた、3階建ての大型ボートでの3時間クルーズです。サーキュラーキーからクジラに会えるスポットまでの移動時間はたったの15分なので、クジラウォッチングを存分に楽しめます!無料のコーヒー・お茶を片手に、サンデッキから360℃の海を見渡す贅沢なホエールウォッチングをお楽しみください。

*もしクジラを見れなかった場合は、もう一度クルーズをご利用いただけるバウチャーをお渡しします。

出港時間:

・ダーリングハーバー(Aquarium Wharf):8:45、13:30

・サーキュラーキー(Wharf 6):9:15、14:00
















photo credit: photo credit: www.whalewatchingsydney.com.au/


Whale Watching -2hr Express Cruise

3階建ての大型ボートでの短めの2時間クルーズです。ホエールウォッチングが初めての方や、3時間は長すぎる…と言う方におすすめです!

無料のコーヒー・お茶を片手に、サンデッキから360℃の海を見渡す贅沢なホエールウォッチングをお楽しみください。

*もしクジラを見れなかった場合は、もう一度クルーズをご利用いただけるバウチャーをお渡しします。

出港時間:

・サーキュラーキー(Wharf 6):10:00, 12:40, 15:00















photo credit: photo credit: www.whalewatchingsydney.com.au/


Whale Watching - 2hr Adventure Cruise

なんと最高時速は80㎞!シドニー一ハイスピードなクジラウォッチングクルーズです。そのため、クジラスポットまでの移動時間はたったの10分。

小型のボートで乗れる人数も27人までと限られてるため海面もクジラも、更に間近に感じられます。

*12歳以下・または身長130㎝以下のお子様はご参加いただけません。

*もしクジラを見れなかった場合は、もう一度クルーズをご利用いただけるバウチャーをお渡しします。

出港時間:

・サーキュラーキー(Wharf 6):10:00、12:40、15:00















photo credit: photo credit: www.whalewatchingsydney.com.au/



いかがでしょうか?

ザトウクジラを見に、ホエールウォッチングに参加してみませんか?

今、当社ウェブサイトでは、お得なお値段でホエールウォッチング・シドニーのクルーズチケットを提供してますので、是非ご利用ください!

***************LINK****************



2回の閲覧0件のコメント